ボルジア家 愛と欲望の教皇一族(The Borgias)

ローマ教皇アレクサンデル6世(ロドリーゴ・ボルジア)と、その一族を描いた歴史ドラマ。
現在のローマカトリックの聖職者は、生涯貞潔を守る誓いをたてるので、一部の例外を除けば妻や愛人をもてませんが、ロドリーゴ・ボルジアに関しては、妻や複数の愛人を持っており、子供にも恵まれていました。この時代は、聖職者もロドリーゴに限らず乱れていた時代のようで、教皇の座も、賄賂で買収し地位を得ます。
さらに、息子にまで枢機卿の地位を与えたり、娘を有力者に妻として送り込んだりと、王侯貴族が行うような事を平気でやってのける人で、自分の立場を脅かすようなライバル一族を、政治的にではなく、武力行使を行う事もあります。
ボルジアというと、枢機卿になる、チェーザレ・ボルジアが、小説や漫画にもなり有名ですので、チェーザレの生涯も含むストーリーかと思い楽しみにしてましたが、ライバル一家を妥当したあたりで終了してしまいました。とても残念です。



■加国:2011年-2013年

【 公式ウェブサイト 】

© Bell Media Television



ボルジア家 愛と欲望の教皇一族(The Borgias) ボルジア家 愛と欲望の教皇一族(The Borgias) Reviewed by 匿名 on 19:00 Rating: 5
コメントを投稿

ADVERTISEMENTS

Powered by Blogger.