ドクター・ハウス(Dr.HOUSE)

主人公のハウスは、診療医としての評価が高く、他の医者では治せない病気を治療していく。
しかし、ひねくれ者で、部下を含め人に対して[たぶん]心にも無いような態度をし、傷つける。
奇病を突き止めるシーンは、観ていてドキドキするような面白さで、医療の専門用語がわからなくても、とても楽しめます。
ハウスは、事故で片足が不自由で、その痛みのため、ドラッグを飲み続け、中毒状態という設定も面白い。
他人に対する態度をみていて、不快に感じる人も多いかと思いますが、彼の弱さや優しさを感じる事ができるシーンもあり。シーズン8までありますが、飽きることなく観ることができました。


■米国:2004年11月16日-2012年5月21日

【 ドクターハウスDVDサイト 】

© 2014 FOX and Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.



ドクター・ハウス(Dr.HOUSE) ドクター・ハウス(Dr.HOUSE) Reviewed by 匿名 on 19:00 Rating: 5
コメントを投稿

ADVERTISEMENTS

Powered by Blogger.